就活BRAIN-就活体験談まとめブログ

有名外資系メーカー!P&Gの就活セミナーに行ってきた-志望動機、スケジュール-

   

<はじめに>

今回は外資系消費財メーカーとして有名なP&Gの就活セミナーに行ってきました。

仕事内容から一日のスケジュール、独特の制度などなど聞いてきました。

CBDという営業セクションの話なので、営業志望の方には役立つ情報になるかと思います。

スポンサーリンク

 

<目次>

<1.What is CBD in P&G?>

<2.Experience in CBD>

<3.Panel Discussion>

<4.Table Q&A>

<5.P&Gのセミナーを受けてみての感想>

 

 

<1.What is CBD in P&G?>

 

・46億人が毎日P&Gの商品に触れている

・新しいポストが出来た時にヘッドの充てる人は内部の人から選出する。

「人材を育てる」という意識が強い。

外資系ならヘッドハンティングをかける場合が多いが、P&Gの場合は育成に手間をかける。

・多様性やリーダーシップを重視

・FMCG(消費財)の売上ランキング

  1. P&G…8.3兆円
  2. ユニリーバ…5.7兆円
  3. ロレアル…2.8兆円
  4. 花王…1.0兆円
  5. 資生堂…0.7兆円

・CBDについての説明

ノルマではなく話し合った結果の数値目標

お願いセリングではなく、データに基づいて販売する

体育会系のノリはある

ミッション「最も信頼されるパートナーになりたい」

P&G-取引先-消費者がwin-win-winになることが理想

 

 

<2.Experience in CBD>

 

(日本という市場の特徴)

日本の消費者は世界一厳しい。

耐久消費財を学ぶのに日本は恵まれている。

P&Gでは語学力でもなくスキルでもなく、

ロジック(論理力)が大切。

ビジネスは感情では動かない。

 

(CBDの方の話)

・商談≠プレゼン

商談=売り込み&交渉

得意先の話をしっかり聞く

相手にとってのメリットをはっきり伝える

会話であることを意識する

 

・お店の売上は前年比90%、柔軟剤市場は前年比130%

…40%の開きがある

→最適化しよう!

柔軟剤にも種類がある。

具体的には、機能派、感覚派といったように違うニーズがある。

前者はレノアプラス。後者はレノアハピネスで売り出す。

 

・営業は商品を売るのではなく、ソリューションを提供

・初めのありきたりな会話で相手の状況やニーズを再確認する

・ソリューション>プロダクト

・在庫どうする?→2週間後にCMを打つからここで売り出すの大事!と主張

・聞くこと>>>話すこと

・営業はトランプを持っている感じ。相手のニーズに対して適切なカードを切っていく。

・自分と相手のスターティングラインをそろえることが大事。

 

(3つのポイント)

①Listen>Talk

②Solution>Product

相手にソリューションを提供する

③Share Common starting point

そもそも何を話すべきか

 

(まとめ)

商品を売るのではなく、相手の課題を解決できるソリューションを提供。

それに必要な商品を売るイメージで営業する。

 

 

<3.Panel Discussion>

 

・P&GのCBDに入社を決めた理由

2つある。1つ目は「人」。2つ目は「環境」。

「人」…人がユニーク。みんな前を向いて働いている。

「環境」…どんどん仕事を与えてくれる。成長できる。

 

・1日のスケジュール

※前提としてP&Gは直行直帰システムが本当に使える!

8:00-9:30 自宅から千葉の得意先へ

9:30-12:00 商談

12:00-13:00 卸売担当の方とランチ

14:00-15:30 帰宅道中に電話会議

17:00-21:00 自宅で内勤

 

・直行直帰のメリットについて

①毎日のオリジナルTodo・スケジュール組みができる

→自己解決能力・タイムマネジメント能力がつく

②自宅から直行直帰・内勤が可能

必要なマインド・磨けるスキルは?

1.自分主体で情報を取りにいく力

2.自分のしていることを共有、周囲を巻き込むリーダーシップ

3.仕事とプライベートのバランスをしっかり取る力

 

・将来のビジョン

営業でNo.1を取りたいf中期的には営業企画をしたい。

一番の野望はアフリカ、東南アジアのプレジデント。

 

 

<4.Table Q&A>

 

「辛い時にはどうするのか?」

①小さな成功体験を積み重ねる

②掲げるビジョンを思い出して

「こんなところでへこたれている場合じゃない!」

と自分にハッパをかける。

 

「なんでCBDに入りたかったのか?」

最前線にいるのが好きだから。

サッカーもラグビーも経験があるけれど、点を取るのが好きだった。

変化が生まれる瞬間が好きだった。

自分が営業として動いて取引先のお店の売上が変化するのが好き。

 

「なんでP&Gなの?」

アフリカでマイクロファイナンスの実践をしていた

→「おかずが3品→5品に増えた」とか、変化が嬉しかった

→マイクロファイナンスは手段だった

→アフリカなどの貧困層の人が所得増えたとき、日常を豊かにする製品を作りたいと思った

→それをできるのはP&Gしかない!

 

 

<5.P&Gのセミナーを受けてみての感想>

ユーモアがあって雰囲気が明るかった。

外資系ということでドライな感じだと思っていたが、

暖かさを感じるセミナーだった。

 - メーカー

ad

ad

  関連記事

keyence01
キーエンス会社説明会兼選考会を受けてきた

<はじめに> 20代で年収1000万円超えるという高給企業キーエンス …

irisohyama01
アイリスオーヤマの通過ESをアップしてみる

1. エントリーシート出題企業名 アイリスオーヤマ     …

canonmj01
キャノンマーケティングジャパンセミナーを受けてきたのでメモ

キャノンマーケティングジャパンとは Canonは製造・販売が分離している。 販売 …

fujifilm01
富士フィルムの通過ESをアップしてみる(成城大学・女性)

1. エントリーシート出題企業名 富士フイルム     2. …

coop01
日本生活協同組合連合会説明会に行ってきた

<はじめに> 今回は日本生活協同組合連合会(通称COOP)の説明会に …

first-retailing01
ファーストリテイリングの就活説明会を受けてきた

<はじめに> 今回はユニクロ・GU等で有名なファーストリテイリングの …